仙台市青葉区昭和町,個人カウンセリング,ワークショップ ,心理学講座,フォーカシング

傾聴講座 ツナガル傾聴

写真

難行苦行!我慢して聴くことが「傾聴」と思っていませんか?

「話しの聴き方かわからない。」「話せてない気がする。」
こんな気持ちを解決、相手と自分を大切にする「ツナガル傾聴」を実践すれば快い人間関係が作れます。
相手の話を丁寧に聴く、自分のことを丁寧に話す。
「理解する=理解される」を大切にする関係
「傾聴」とは人の話をただ聞くのではなく注意を払って、
より深く丁寧に耳を傾けること相手の世界を一緒に感じて一緒にいることです。

peace & love with listening

スキルにこだわらない、相手を大切に感じてこころを込めて聴く
相手との相互な関係を大事にする傾聴
インタラクティブフォーカシング
諸富祥彦明治大学教授の考える傾聴は相手の本質を感じる深い聴き方
この講座は諸富先生のワークショップを参考にし構成した講座です
大切な人の話を大切に聴きたいと思う方のご参加をお待ちしております。

諸富祥彦のホームページ http://morotomi.net/

【こんな方にお勧めです】
◆ご家族やお友達、お客様など大切な人の話を大切に聴きたい方
◆コミュニケーション力を身につけたい方
◆自分のこころと丁寧に付き合いたい方
◆セルフカウンセリングを身に着けたい方

【入門編 内容 180分】

◆繋がるショートワーク
◆自分のクセを知るワーク
◆傾聴ができない理由
◆ほんものの傾聴とは
◆傾聴の基本スキル カウンセラーの姿勢
◆傾聴の演習

◆◆開講日 2018年2月11日(日)13:00~16:00◆◆

【アドヴァンス編 内容 180分】

◆フォーカシングのワーク
◆インタラクティブフォーカシング
◆E・T・ジェンドリン「フォーカシング」リスニングの手引きによる傾聴

【受講料】

◆ いずれも 5000円(税込)

フォーカシングとは

アメリカの哲学者であり心理学者ユージン・ジェンドリンが考案した心理学的なセラピーです。『まだ言葉やイメージになっていない、 自分の中のはっきりしない何かと付き合う過程』と言われる、主体的に自分自身の感覚と向き合う自分自身との対話です。

「胸がつかえるような感じがする…」 そして、「ああ…これか…」とわかると“胸のつかえ”が下りた”と感じたことはありませんか。
フォーカシングはまだ言葉になっていない「もやもや」した感じ、”こころの声”を聴く方法です。 そして、どなたでも身につけることが出来るセルフヘルプの方法です。

感想

◆この傾聴をみんなでやったら戦争がなくなると思いました。(A・U様)
◆傾聴のスキルばかり気にしていました。ああまたできなかったと落ち込んだり、才能がないのかと思っていたのですが 外側ばかり気にしていたように思います。人間が人間の話を聴くんですよ という先生の話でそうだと思いました。 大事なことを忘れていました。ありがとうございました。(S様)
◆いままで傾聴の講座を沢山受講したのですが、全く腑に落ちないでモヤモヤしていたのですが、なるほどそうだったのかと納得。 スキルをマスタ―することで話を聴けるわけがないと改めて思いました。自分のままでいいんだ と思うと気持ちが楽になり 逆に相手の話を本当に聴いていると実感です。仕事で即やります。(K・Y様)
◆大切な人というのは家族ばかりではなく 私にとってはお客様です。お客様の話を聴くために本当にためになりました。 もっと大切に聴きたいと思います。人の話を聴くことって楽しいことだったのですね。(I・I様)

お問合せ・お申込み



↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system