SAMPLE SITE

基本のセラピー

Transactional Analysis,TA 交流分析


他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる
You cannot change others or the past.
You can change yourself and the future.
本当の知識とは、言葉を知っているということよりもどのように使うか知っていることである。
True knowledge is to know how to act rather than to know wonrds.
Eric Berne


交流分析とは

TA・Transactional Analysis  一般向けの心理学として誕生
アメリカの精神科医エリック・バーン(1910~1970)が1950年代後半に創出した個人の性格理論と治療体系です。
精神分析の口語版とも言われ平易な言葉と図表を使っているのでとても解り易く、治療の場以外でも活用されています。 外側から観察できる行動と内側で体験していることを併せて考えられています。理論がとても分かりやすく心理学の入門に向いています。 家庭・職場・学校など人が交流する場での人間関係の改善、自己探求、行動変容のツールとして利用できます。


交流分析の哲学

交流分析人間が本来持っている能力を肯定的に捉える次の三つの哲学に基づいています。
◆人は誰でもOKである
 行動は受け入れることができない(not OK)であっても、人間の存在までは否定せず尊重する(OK)
◆誰もが考える能力をもつ
 人は誰でも、その年齢や立場に応じた考えで行動する 各人の考えを一人の人間として尊重する
◆人は自分の運命の決定権を持っていて、 その決定は自分自身で変えることが出来る
 たとえ誰かに命令されたとしても、困難な状況でもどう行動するか決定したのは自分 
 その決定が不快で不合理であるなら自らの決定を変えるのも自分
 自分のことは自分で選択する自律的な生き方を目指します

FOCUSING フォーカシング


人が感じていることには意味があり、それを表現して耳を傾けることで人生の次の一歩・ヒントが暗示される
フォーカシングは相互作用 
アタマと“からだ”の対話
私達は感情や情動に注意を向けているので“からだ”の感じを捉えることが難しい
いつもの考え、感じを通り過ぎて
もっと深いところへ そして問いかける
今の感じはどう?


フォーカシングとは

アメリカの哲学者であり心理学者ユージン・ジェンドリンが考案した心理学的なセラピーです。『まだ言葉やイメージになっていない、 自分の中のはっきりしない何かと付き合う過程』と言われる、主体的に自分自身の感覚と向き合う自分自身との対話です。

「胸がつかえるような感じがする…」 そして、「ああ…これか…」とわかると“胸のつかえ”が下りた”と感じたことはありませんか。
フォーカシングはまだ言葉になっていない「もやもや」した感じ、”こころの声”を聴く方法です。 そして、どなたでも身につけることが出来るセルフヘルプの方法です。
自分らしく生きたいと思っている方、自分が本当はどう感じているか知りたい、もやもやをはっきりさせたい方に特におすすめしております。


フォーカシングを中心としたワークショップでは、日常生活や人間関係で「理由はわからないが、苦手な人。」を何故そう感じているのか、 自分が本当にやりたいことは何かを知ることもできます。
慣れてしまえば、ちょっと空いた時間や歩きながらでもフォーカシングをすることもできます。 フォーカシングの技法を使ってこころの整理を上手にできる方法もご紹介しております。 私たちが日ごろ忘れがちな自分の感覚と対話するワークです。

Gestalt therapy ゲシュタルトセラピー


ゲシュタルトの祈り
私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。
私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。
※パールズが作ったゲシュタルト療法の思想を盛り込んだ詩


フレデリック・パールズ、その妻のローラ・パールズにより提唱されました。
心と身体は一体であるという視点から、言葉だけではなく、非言語的な表現も重視して、その人を深く全体的に理解しようとします。

inserted by FC2 system